住宅ローンのご相談

住宅ローンのご相談 お気軽にご相談ください!

公的融資と民間融資

住宅金融公庫融資
購入する住宅が所在する都道府県の「住宅金融公庫業務取扱店」と表示された金融機関で手続きをします。抵当権設定時の登録免許税が免除になるなど利点が多いのですが、金利に保険料が含まれない、つなぎ融資が必要な場合があるなど不利な点もあります。
財形住宅融資
勤務先で財形貯蓄をしている人を対象とした住宅ローンです。
民間融資
勤務先のお取引銀行もしくは当社提携銀行の住宅ローンです。

ローンのお申し込みに必要なもの

  • ① 減税徴収書
  • ② 住民税決定通知書
  • ③ 収入証明書
  • ④ 実印と印鑑証明
  • ⑤ 融資の申し込み書類一式(融資期間ごとに異なります)
  • ⑥ 不動産売買契約書の写し
  • ⑦ 重要事項説明書
  • ⑧ 住民票(世帯全員)
  • ⑨ 健康保険証 など

申込資格について( 弊社提携銀行の場合 )

  • セレーノハウス株式会社が仲介(媒介)または販売する物件の購入者であること。
  • 現在の勤務先(職業)に3年以上勤務(従事)していること。
  • 申込時の年齢が満20歳以上70歳の誕生日までで最終返済時年齢が80歳の誕生日までであること。
  • 前年度年収が200万以上であること。
  • 団体信用生命保険に加入可能なこと。
※上記条件を満たさない場合でも、別途審査おうえ申込が可能になる場合もあります。お気軽にご相談ください。
※利用金融機関によって審査基準に差異があります。

借入限度額について

  • 土地・建物の評価額(金融機関により評価の計算が異なります)
  • 年間返済率(融資申込者本人の年収に対する借入金の年間返済金額の割合)
  • 金融機関・年収により異なります。
  • 収入合算者(同居する配偶者または親子のうち1名の所得合算)
  • 提携金融機関各社の融資限度金額の範囲内
※金融機関により、異なる場合があります。

融資金利について

  • 各金融機関によって異なります。
  • 又、団体信用生命保険の内容や諸費用の借入等の内容によっても金利は異なります。
  • 同一金融機関でも金融情勢によって変化します。
  • 返済方法や金利変動型・固定型の選択などによっても異なりますので営業担当者に確認が必要です。

融資諸費用について

  • ローンの事務手数料
  • 保険事務手数料
  • 金銭消費貸借契約書の印紙代(借入金額によって異なります)
  • ローン保証料(利用保証会社、借入金額、借入期間によって異なります)
  • 火災保険料(建物の種類、構造、地域、築年数によって異なります)
  • 抵当権設定登記費用
お問合せ
住まいの相談室
住まいの相談室
TOP